実績・事例紹介 研究開発事例紹介 遺伝子測定によるフィナステリド効果判定

第6回国際毛髪研究学会にて 「遺伝子測定によるフィナステリド効果判定」について発表しました。

平成22年6月16日から19日に、オーストラリアのケアンズにおいて開催された6th World Congress for Hair Research(第6回国際毛髪研究学会)において、NPO法人F.M.L.は『日本人におけるアンドロゲンレセプターの遺伝子多型および血清中のホルモン測定とフィナステリドの効果判定』に関する研究発表を行いました。

【発表者】
NPO法人 Future Medical Laboratory(近未来医療研究会理事) 長坂 良先生
聖マリアンナ医科大学幹細胞再生治療学講座・形成外科学教室准教授 井上 肇先生

発表内容

発表内容

Estimation of finasteride effect on androgenic alopecia patients by determination of the triplet repeat number in androgen receptor gene and androgenic hormones in serum

Ryo Nagasaka, Nagaoki Wakisaka, Kazuhiro Kobayashi, Nobuo Hirayama, Sawako Konishi, Yasutaka Fukuda, Masayuki Taguchi, Takanori Hama,Hajime Inoue, Katsuyuki Takeda, Yoshio Nakamizo, and Masaya Kawakami.NPO, Future Medical Laboratory, Tokyo, Japan

Objective: A half year’s treatment is necessary to ascertain the effectiveness of finasteride on androgenic alopecia patients. To estimate the effect earlier, we analyzed the polymorphism of androgen receptor (AR) gene and change in serum level of certain hormones and cytokines within one month.

Methods: After PCR of blood cell DNA from patients (more than 1500), number of triplet repeats (CAG+GGC) in the first exon of AR gene was determined. Testosterone, dihydrotestosterone, IGF-1 and TGFβ-1 were determined by immunological assays before and one month after the drug treatment. Before and 6 months after the drug treatment, symptoms, typed by photographic method, were compared.

Results: When the number of triplet repeats was plotted against the degree of symptom improvement after treatment, a broad correlation between these variables was observed. Finasteride was more effective on the improvement of patient group with smaller repeat number in AR gene (40 or less) than that with larger one (41 or more). After the treatment for 1 to 2 months, serum dihydrotestosterone decreased in patients with smaller repeat number. On the other hand, in patients with larger repeat number, who were poor responder to finasteride, free testosterone increased but dihydrotestosterone did not markedly change.

Conclusion: Effect of finasteride on androgenic alopecia patients is able to be estimated earlier by determinations of AR gene polymorphism and by survey of androgenic hormone levels within a short-term (around one month).

発表内容 -要約-

発表内容 -要約-

男性型脱毛症患者に対するフィナステリドによる治療は一般的ではありますが、その有効性が確認されるまでには通常6カ月以上の治療が必要です。我々の研究では、その有効性をより早く推定するため、アンドロゲンレセプター(AR)の遺伝子多型、さらに特定のホルモンおよびサイトカインの血清レベルの変化を1ヶ月間観察しました。この研究の結果、男性型脱毛症患者に対するフィナステリドの有効性は、AR遺伝子多型および男性ホルモンレベルの測定により、およそ1ヶ月で早期に推定できることが示されました。

遺伝子多型と脱毛症の相関に関しては、我々の他に韓国、オーストラリア、そして米国の研究グループからも発表があり、この分野の研究が盛んであることが伺われました。「日本人におけるアンドロゲン受容体の遺伝子多型の測定とフィナステリドの効果」についての今回のF.M.L.の発表は我々のグループの約10年間にわたる研究成果の集大成であり、被験者数2,227名いう症例数の多さからも、各国の医師から多くの関心を集め、賞賛を得ることができました。F.M.L.は今後も、特に脱毛症治療に関する情報収集および情報発信に積極的に取り組んでいきたいと考えています。

【関連ページはこちらから】
講演者・長坂 良先生のインタビュー

F.M.L.理事会紹介ページ

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて  プライバシーポリシー サイトポリシー