実績・事例紹介 研究開発事例紹介

F.M.L.所属の専門家と関連団体機関による、遺伝子研究診断や薬剤などの研究開発事例をご紹介します。

遺伝子測定によるフィナステリド効果判定

NPO法人『Future Medical Laboratory(近来医療研究会)理事長:武田克之徳島大学名誉教授』(以下:F.M.L.)は、国際毛髪学術学会(ケアンズ)において、日本人におけるアンドロゲン受容体の遺伝子多型の測定とフィナステリドの効果判定に関する研究発表。

ミノキシジルゲル開発

F.M.L.関連診療施設の頭髪治療クリニックでは、聖マリアンナ医科大学と共同開発の『ミノキシジルゲル』を日本国内の医療機関として初めて導入。

AGA患者に対するフィナステリドの効果

F.M.L.は国際毛髪学術学会(独:ベルリン)にて「異なったアンドロゲンレセプター遺伝子の多型性を有する男性型脱毛症(AGA)患者に対するフィナステリドの効果」を発表。

脱毛症の遺伝子診断

F.M.L.は国際毛髪学術学会(韓国:済州島)Annual Meeting of the SHSRにおいて、『アンドゲンレセプター遺伝子多形と男性型脱毛症(AGA)との関係』についての研究結果を発表。

遺伝子診断を日常診療に

F.M.Lは、男性型脱毛症(AGA)の発症に深く関与している男性ホルモン受容体の遺伝子多型の解析結果を医療プレスセミナーにて発表。

お問い合わせ

当サイトへのお問い合わせを承ります。

お問い合わせ

更新情報
Copyright(C)NPO F.M.L. All Rights Reserved.
RSS RSSについて  プライバシーポリシー サイトポリシー